5cinq

brand 作り手の温度を感じられる、身に着けることで、気持ちがすこし明るくなる、ココロがあったかくなる。 そんなブランドを集めました。

現在の写真

emme de choeur

emma de choeur(無邪気なエマ)は、 未来を担う子供達へのメッセージ。
純真無拓な感性を色彩と個性溢れる大胆なシルエットで表現。
『装う』事を通して喜びや楽しみを感じ 豊かな人間性を育んで欲しいという 願いが込められています。
デザイナー、オーナーさんに聞きました。

emma:立ち上げのきっかけはなんですか?
ちいさい頃から服が好きで、アパレルのお仕事にずっと携わっていきたいと
思う中、子供ができ、はじめて沢山の子供服と出会う中で、
“なんかつまらないなぁー”とか “このデザインでこの値段?”
とか少し不満を感じたことが立ち上げのきっかけですね。


:子供服のみにこだわる理由は
私は、カラーのコーディネートや柄同士の組み合わせがすごく好き
で、妄想しているとなぜか興奮して眠れなくなることもあるくらい妄
想族なんです。(笑)

子供服に固執してるわけじゃないんですよ、ただ、子供服って子供
と同じように無限に広がる服の可能性を追求したくて、 
単純にかわいいでしょ。小さいから(笑)

それと、大人以上に可能性を秘めているからかな。
大人服、少しずつ企画する予定です。お楽しみに。


:どんな方に着ていただきたいですか?
“かわいい”と思ってくれる方、大切に着てくださる方かな。


:これからの展望を聞かせてください。
アパレル事業のみならず、もっと他の新しい形や方法で
子供や子育てしてる大人の皆さんに喜びを与えられる
そんなことしたいなぁ



:素材へのこだわり
子供服=守り服 を捨てたいですね。
天然素材と化学繊維の組み合わせとかたまらなく好きですね。
まだまだ、可愛くて使える生地なのに、廃棄されてしまう、そん
な一歩手前の生地にも着目し、再度命を吹き込ます。 小さな事ですが、ちょっとだけ何かに役立ってる気がします。